東北うまいもの市場とは

東北うまいもの市場のコンセプト

東日本大震災

2011年3月11日の東日本大震災にて、宮城県、岩手県、福島県の沿岸地域は津波の被害により壊滅的なダメージを受けました。

私の故郷である気仙沼も甚大な被害を受けました。気仙沼は、みなさまご存知通り水産業で賑わう街でした。漁船が停泊する港、水揚げをする市場(いちば)、魚を加工する数々の工場。季節を彩る三陸の魚と共に、気仙沼の人たちは変わりゆく四季を海の幸から感じ取る毎日を送っておりました。

小さい頃によく通った街並みも、懐かしく思い出す彼の地も、そして私の実家も3月11日の濁流によってなくなってしまいました。震災後、真っ先に実家の気仙沼に向かいました。
私は変わり果てた郷土を目の当たりにし、言葉を失いました。
降りしきる雪の中、ただただ、呆然と立ち尽くすしかありませんでした。

私は「何か」に動かされ体が自然と動いていました。

「何かしなきゃ…。」
「自分にできることは何か?」

自らの使命を問いただしながら、できることから始めました。水をくみ行ったり、炊き出しを手伝ったり、自分の周りのことからできること何でもやらせていただいておりました。

故郷気仙沼 被災した気仙沼

時が経つにつれて、津波による被害が今までに経験したことのない事態が次から次へと目立ち始めました。水産業関係の壊滅的なダメージを始め、地元の産業の崩壊、それに伴う失業問題、福島第一原発事故による東北の食材の風評被害。

「このままでいいのか?」
世界三大漁場の「三陸」ブランドの衰退、東北の農産物、このまま衰退させてしまってもいいのだろうか?
誇れる食材が沢山のふるさとの良さを全国に発信したい。
そんな折、私はフランス料理の料理人であることに自らの使命を自覚しました。

「東北の食材を全国に発信して、東北の復興に役立ちたい」

東北には、三陸の海産物を始めたくさんの「うまい」がギッシリと詰まっているではないか。東北の美味しい食材を、美味しい食べ方の提案と共に数多く紹介していきたい!

三陸の新鮮な魚介、農産物をインターネットに美味しい食べ方のレシピを付けて、全国にお届けしたい。
「東北のうまいもの」を全国に届けて、東北の生産者に少しかもしれませんが希望の光をとどけていきたい。

至らない点など多々あるかと存じますが、種々のご指導をいただきながら全力で頑張って参ります。何卒、よろしくお願いいたします。

がんばろう東北!

プロフィール

米倉順一

自己紹介

宮城県気仙沼生まれの仙台在住。
高校卒業後、単身東京にてフランス料理の料理人として修行。
6年間、東京のホテルで修行後、仙台へ戻り、市内のホテル、レストランにて料理人として勤務。

2011年3月11日に発生した東日本大震災をうけ、東北・被災地に何か自分が出来る事がないかを模索。
東北の食材を全国に向けて販路を作る為にインターネットを通し、魚屋ではない、料理人としての経験で魚をリストアップし、在庫する事無く新鮮な三陸(一部道東沖)の鮮魚、活魚(活ジメ)を買いつけ直送する事に着手。

お陰様で全国の多くのお客様よりお喜びのお言葉を多数頂き、やりがいを感じております。
そして微力では御座いますが、三陸、東北の雇用を増やし、復興の役に立てばとおもうのです。

東北うまいもの市場 米倉 順一